選抜阿波踊り前夜祭の様子=2017年8月11日、徳島市のアスティとくしま

 徳島市の遠藤彰良市長は10日の定例会見で、8月11日の選抜阿波踊り前夜祭(アスティとくしま)に出演依頼しなかった阿波おどり振興協会について、現在の執行部が刷新されれば、前夜祭への受け入れを検討する考えを示した。振興協会にこうした意向を伝えており、12日まで回答を待つことにしている。

 遠藤市長は「振興協会執行部の不信を招く行動は、一生懸命踊りを練習し、踊りたいと思っている連員の気持ちに反しているのではないか」と指摘。「実行委にとって信頼できる体制となり、前夜祭の出演について協議をいただければ、しっかり検討したい」とした。執行部人事の刷新は朝日榮作会長、山田実理事長らの退任を指すとみられる。

 朝日会長は「特にコメントすることはない」と話した。

 阿波踊りを主催する「阿波おどり実行委員会」は4日、振興協会に前夜祭への出演を求めても本番直前にキャンセルされるリスクがあるとして、出演依頼しないことを決めていた。