日本新聞協会は10日、教育の場で新聞を活用するNIE活動の2018年度実践指定校として、47都道府県の544校(前年度比6校減)を発表した。徳島県は6校が指定された。指定は原則2年間で、授業などで新聞を活用してもらうため協会と各新聞社が購読料を補助する。

 実践校の内訳は小学校205校、中学校198校、高校118校、小中連携校6校、中高連携校8校、特別支援学校9校。18年度からの新規指定校は227校で、残る317校は継続校。

 また、17都道県のNIE推進協議会が独自に小中高校など72校を認定した。

 本年度のNIE全国大会は7月26、27日に岩手県盛岡市と大槌町で開かれる。 (井上雅史)

 本県の18年度実践指定校は次の通り。

 新野東小、岩脇小(以上阿南市)上浦小(吉野川市)=以上継続▽鳴門教育大付属中(徳島市)鳴門市第二中(鳴門市)池田高校三好校(三好市)=以上新規▽佐古小(徳島市)三庄小(東みよし町)椿町中(阿南市)=以上推進協議会独自認定