数多くのつる籠が並ぶ「極楽とんぼ」の作品展=藍住町乙瀬

 つる籠作りに取り組む松茂町の工芸サークル「極楽とんぼ」の作品展が藍住町乙瀬の古民家で開かれている。6日まで。

 花籠や一輪挿し、手提げ籠など、つるをたくみに編んで作った約450点を展示販売。元代表の木田サチコさん=2月に急性白血病で死去=が制作した壁飾りやあんどんなどの力作48点も並び、来場者の目を引いていた。

 作品展は今年で16回目。逢坂久枝代表(71)=松茂町広島=は「多くの人が木田元代表の遺作展を見に来てくれてよかった」と話した。