マイナンバー法の施行を受け、徳島県内の市町村でも5日、通知カード送付に向けた作業が本格化した。10月中旬以降、県内に住民票がある約33万世帯に発送される。

 徳島市では、住民票に記載されている約11万7千世帯の発送先を同日までに確定させた。担当者が6日、各世帯に郵送する業務を担う地方公共団体情報システム機構(東京)に発送先のデータを持参する。市によると、市民に通知カードが届くのは11月上旬以降になる見通し。