入校生を代表して宣誓する一柳巡査=県警察学校

 徳島県警察学校の初任科第145期生の入校式が5日、徳島市論田町中開の同校であり、10月採用の大卒生8人が入校した。

 鈴木信弘県警本部長が「知識と技能の習得に努め、全ての人々を守れる力強い警察官になってほしい」と訓示。入校生を代表して、一柳貴司巡査(27)が「公平中正に警察職務の遂行に当たることを誓います」と決意を述べた。

 入校生は半年間、法律や逮捕術、基本実務などを学ぶ。