徳島市は、2016年1月に予定していた眉山山頂に建設する観光展望施設の着工を先送りする。これに伴い、同年秋の完成は難しくなった。新たな事業スケジュールは未定。

 市は中心市街地のまちづくりを含む主要施策の見直しを進めており、事業の優先順位などを再検討する必要があると判断した。

 計画によると、観光展望施設は老朽化したモラエス館を解体し建設。鉄骨・鉄筋コンクリート3階(地下1階)建てで、展望台やギャラリー、イベント広場などを備える。

 モラエス館の解体工事は8月に始まっており、11月末に終わる予定。