『バチェラー・ジャパン』シーズン2カップル(左から)倉田茉美さん、小柳津林太郎氏 (C)ORICON NewS inc.

 アマゾンプライムビデオの人気番組『バチェラー・ジャパン』シーズン2にて最終カップルとなった小柳津林太郎氏と倉田茉美さんが13日、東京・羽田空港のTIAT SKY HALLで開催されたAmazon『プライムデー2018』記者発表会に出席した。晴れてカップルとなった2人がそろって公の場に登壇するのはこれが初めて。このほどシーズン3製作も発表され小柳津氏は「めちゃくちゃうれしい」と今度は視聴者として期待していた。

【動画】『バチェラー・ジャパン』シーズン2 小柳津&倉田カップルが登場

 『バチェラー・ジャパン』は1人の成功した独身男性=バチェラーを巡って、20人の女性のなかから真実の愛、運命の恋人を選ぶ、台本無しの婚活サバイバル番組。司会からその後の交際について聞かれると倉田さんは「はい、順調でものすごく仲良くやってます」と小柳津氏の腕をタッチ。小柳津氏は「最終話が終わるまでは外では会えなかったんで、基本自宅で料理をつくってもらってたんですが、やっとリラックスして会える感じです」と仲睦まじい様子を見せた。

 最終話では倉田さんにプロポーズの言葉と指輪を贈った小柳津氏だが「結婚はお互いのタイミングだと思うんですけど、やっと普通に付き合い始めたので、焦ることなく楽しみながら進んでいきたい」と前向きで、倉田さんは「ここからだなと思ってるので、とにかく楽しんでこれからもいられるように」と同意。現在、京都在住の倉田さんは「遠距離(恋愛)なんですけどまた東京にくるので」と幸せオーラを振りまいていた。

 シーズン3に向け、小柳津氏は「これ以上ないくらい、人と人が向き合う時間を過ごさせていただいた」と自らの経験を振り返りつつ「圧倒的に金輪際できないデートができるので男性には勇気をもって楽しんでいただければ」とエール。倉田さんは「本当に過酷なロケなんですけど、自分の気持ち次第で楽しくも悲しくもなる旅なのでメンタルを鍛えながら素敵な恋愛をしてほしい」と呼びかけていた。

 会見ではAmazonプライム会員向けのビッグセール『プライムデー』(16日正午~17日後11時59分)の注目ポイントやリアル体験イベント、福島・熊本両県との取り組みを説明。『バチェラー・ジャパン』シーズン3の詳細は追って発表される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。