城東対阿波西 1回、城東無死満塁から多田の右翼線二塁打で2点を先制する=鳴門オロナミンC球場

高校野球の第100回全国選手権徳島大会第5日は16日、鳴門オロナミンC球場で1回戦3試合が行われた。第1試合は阿南工・阿南光が12―5で徳島市立に八回コールド勝ち。第2試合は第4シードの城東が12―0の五回コールドで阿波西を下した。第3試合は新野が4―0の完封で名西を退けた。大会第6日の17日は午後0時10分から、1回戦の残り2試合が行われる。

 第1試合 阿南工・阿南光×徳島市立(9時00分)
鳴門オロナミンC球場(1回戦)
  1
徳島市立  
阿南工・光   12
        (八回コールドゲーム)

 

 第2試合 城東×阿波西(11時40分)
鳴門オロナミンC球場(1回戦)
         1 2 3 4 5 6 7 8 9
城 東         12
阿波西        
        (五回コールドゲーム)

 

 第3試合 新野×名西(13時45分)
鳴門オロナミンC球場(1回戦)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
名 西
新 野 ×