J2徳島ヴォルティスは18日、大宮市のNACK5スタジアム大宮で首位の大宮と戦い、2-1で逆転勝ちした。通算成績は12勝13分け12敗の勝ち点49とし、順位を10位に上げた。
 徳島は前半20分にFKから片岡に頭で決められ先制を許したが、ロスタイムにアレックスのクロスをキム・ジョンミンが頭で合わせて同点に追い付いた。後半は前線からプレスを掛けて押し込み、3分にアレックスの右CKを佐藤がダイビングヘッドで決めて逆転に成功。GK長谷川徹の再三の好セーブやDF陣の素早い寄せで大宮に追加点を与えなかった。

 徳島ヴォルティス 2-1 大宮アルディージャ
        前半1-1
        後半1-0
▽得点者【徳】前半46分 キム・ジョンミン
       後半3分 佐藤
    【大】前半20分 片岡