大輪の花を咲かせた立菊が並ぶ会場=阿波市市場町のアエルワ

 阿波市市場町の交流防災拠点アエルワと隣接する市役所ロビーで、菊花展(市文化協会主催)が開かれている。両会場で合わせて330点の菊が並び、来庁者らを楽しませている。11月4日まで。
 
 文化協会菊友会の6人が中心になって出品。メーン会場のアエルワ出入り口付近では直径約20センチの白やピンクの大輪の花を咲かせた「立菊」が60点並んだ。正面から全ての花が見えるように背丈を120~160センチにそろえて整然と展示されており、来場者は足を止めて見入っていた。
 
 市内の市場、八幡、大俣の3小学校の児童が、丹精込めて育てた色とりどりの菊も並んでいる。
 
 市役所ロビーでは、背丈が50センチ以下のやや小ぶりな菊が咲き誇っている。
 
 菊友会の佐藤篤一会長(82)=同市市場町市場=は「今年は上々の出来栄え。多くの人に見てほしい」と来場を呼び掛けている。
 
 菊花展は昨年まで、市文化祭会場の土成農業者トレーニングセンターで開いていた。今回は、昨年12月に完成したアエルワと市役所に会場を移した。