宍喰漁協青年部員に教わりながらサンゴを石に接着する宍喰小児童=海陽町宍喰浦の竹ケ島海中公園

 海陽町久保の宍喰小学校の5年生27人が、同町宍喰浦の竹ケ島海中公園で、エダミドリイシサンゴの移植を体験した。今年で12回目の恒例行事。
 
 児童は竹ケ島漁港から海中観光船ブルーマリンに乗り込み、エダミドリイシサンゴの群生地点へ向かった。台風などの影響で折れた長さ10センチほどのサンゴの根元を水中用ボンドで石に接着。宍喰漁協青年部のダイバーに手渡して、水深4メートルほどの海底に配置してもらった。
 
 サンゴは早ければ、8カ月ほどで定着する。
 
 勝浦春菜さん(11)は「漁協の人が手伝ってくれたので、作業は難しくなかった。大きく育ってきれいなサンゴになってほしい」と話した。