バレーボールの第68回全日本高校選手権徳島大会最終日は7日、サンフラワードーム北島で男女の決勝が行われ、男子は城東が3―0で阿南工を下して12年ぶり3度目の栄冠に輝いた。大会記録だった阿南工の連覇は11で途切れた。女子の城南も3―0で鳴門にストレート勝ちし、4年連続8度目の優勝を果たした。男女の優勝校が全国大会(来年1月5日開幕・東京体育館)に出場する。