市産小麦のたらいうどんを味わう地元住民=阿波市土成町宮川内の奥御所

 11月7日を「御所のたらいうどんの日」と制定したのに合わせて、阿波市土成町御所地区のたらいうどん専門店7店で同日、「阿波小麦フェア」(市観光協会主催)が始まった。市産小麦のうどんを特別提供し、多くの観光客や地元住民でにぎわった。8日まで。

 香川県境に最も近い同町宮川内のたらいうどん店「奥御所」では、一人前520円で提供。訪れた住民らは「地元小麦のメニューは地域のPRにつながる」「毎年続けてほしい」と話しながら、伝統料理を味わった。

 大松弘実さん(62)=同市土成町吉田、酪農業=は「小麦の風味やのどごしが良く、とてもおいしかった」と笑顔だった。