災害救助犬を目指して訓練に励む雑種のモナカ。殺処分前に適性を見いだされた=板野町川端のノイマンドッグスクール

 県動物愛護管理センター(神山町)で殺処分される予定だった雄の雑種犬が、「災害救助犬」の適性を見いだされ、新たな飼い主と共に認定に向けた訓練に励んでいる。南海トラフ巨大地震に備えるとともに、動物愛護精神を醸成して殺処分を減らすのが狙い。県が、候補犬と飼い主を探していた。

 訓練中の犬は「モナカ」。生後半年だった6月に阿南市で保護され、センターに収容された。当初は殺処分を待つ収容棟に入れられたが、人懐っこい性格で運動能力に優れていることに加え、音を怖がらないことから、救助犬の候補になった。県内に災害救助犬は4匹が登録されているが、都道府県が主体となって育成に取り組むのは全国で初めて。

 モナカは8月に板野町川端の訓練施設「ノイマンドッグスクール」に預けられ、救助犬としての適性を検査した結果、見事合格。犬のトレーナーを目指して徳島市の専門学校に通っていた岡本沙南さん(18)=上板町瀬部=と出会い、9月に岡本さんが引き取った。

 岡本さんとモナカは現在、週1回、スクールに通う。「おいで」「座れ」「登れ」といった基本的な指示を覚えさせ、シーソーやスロープなどの器具を用いた訓練も行っている。新田邦善所長は「のみ込みが早い上に落ち着いており、素質は抜群。ただ、やんちゃな面があり、それをコントロールできるかどうか」。

 スクールでの訓練期間は1年。救助犬にはジャパンケネルクラブ(東京)の公認が必要だが、基準が高くて難関となっている。このため県は、独自に災害救助犬の認定基準を策定する方針。モナカは同基準での2016年度末の合格を目指す。認定後は要請に基づいて災害現場に出動し、がれきに埋もれた被災者の捜索などを行う。

 専門学校を辞めてモナカを引き受けた岡本さんは「トレーナーを目指す上でこれほど貴重な機会はないと捉え、思い切って引き受けた。後悔しないよう頑張りたい」と話している。