ラグビーの第95回全国高校大会徳島県大会最終日は21日、徳島市球技場で決勝が行われ、つるぎが38-7で城北を下し、現校名となって初の優勝を果たした。貞光工・美馬商工時代を含め3年ぶり24度目の全国大会(12月27日開幕・東大阪市花園ラグビー場)出場を決めた。
 つるぎは前半16分に先制トライを挙げた後は得点できず、5-0で折り返し。後半は立ち上がりから押し込み、5分、7分、12分と立て続けにトライとゴールを決めてリードを広げると、終盤にも2トライ1ゴールを挙げ、突き放した。城北は後半20分に1トライ1ゴールを奪う意地を見せたが、及ばなかった。