収穫したばかりのみずみずしいブドウが並ぶ直売所=阿波市土成町

 県内有数のブドウ産地・阿波市土成町で今季の出荷が始まった。栽培農家が設けた直売所は、旬の味覚を求める買い物客らでにぎわっている。

 同市土成町宮川内の三木哲雄さん(63)は約150アールのビニールハウスで、小粒のデラウェアや高級品種のシャインマスカットなど15品種を栽培。近くの直売所には、収穫したてのみずみずしい果実が並んでいる。

 デラウェアの販売価格は例年並みの1キロ800円程度。三木さんの妻玲子さん(58)は「出来は絶品。多くの人に食べてほしい」と話している。

 直売所は国道318号沿いに約10カ所が点在。三木さんの直売所の営業時間は午前8時半~午後5時。9月下旬ごろまで開く。