25日午前11時20分ごろ、美馬市木屋平と那賀町和食で震度3の地震があった。徳島地方気象台によると、震源は海陽町の南東沖で震源の深さは約40キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4・1と推定される。三好市、海陽町など県内の広い範囲では震度2が観測されたが、この地震による被害は報告されていない。
 震度3が観測された美馬市木屋平の木屋平総合支所では地震発生時、支所内に6人の職員がいた。経済建設課課長補佐の小原浩幸さん(47)によると、鉄筋コンクリート3階建ての支所正面の自動ドアやガラス窓が「ガタガタガタッ」と2~3秒音を立てた。
 那賀町土佐で電気店を経営する森本淑子さん(56)は「突然、家がギシギシと鳴って驚いた。商品の転倒がないかを確認したが、無事で良かった」と胸をなで下ろしていた。
 震度2は他に吉野川市、阿南市、石井町、美波町など。震度1は徳島市、鳴門市、小松島市、藍住町、上勝町など。