ナカちゃん寸劇を披露する「ナカちゃんナカヨシグループ」のメンバー=阿南市那賀川町のなかがわ苑

 那賀川の人気者だったアゴヒゲアザラシ「ナカちゃん」の歌や踊りを創作し、披露している阿南市のボランティアグループ「ナカちゃんナカヨシグループ」が活動を始めてから10年を迎え、高齢者施設などで行っている公演が200回に達した。ナカちゃんの魅力を伝える多彩な出し物で地域の高齢者を楽しませている。

 グループは2005年12月、ナカちゃんファンの住民らで結成した。同11月に那賀川に現れたナカちゃんを通して地域を盛り上げようと、吉岡真里さん(56)=同市那賀川町赤池=が周囲に呼び掛けた。06年8月にナカちゃんが死んだ後も1、2カ月に1回のペースで、5~10人が市内外の老人施設などを訪問している。

 メンバーが披露しているのは、「ナカちゃん音頭」「ナカちゃんサンバ」など、ナカちゃんをイメージして作った歌や踊り。帽子の中からナカちゃんのぬいぐるみを出すといった手品もある。

 特に人気なのは「ナカちゃん寸劇」。天国から呼び出すという設定で、ナカちゃんは頭に白い三角形の布を付け「お化け」として登場する。けがをした足に自分で包帯を巻いたり、護岸ブロックの隙間に落ちて救急隊に助けてもらったりと、那賀川にいた当時のエピソードをひょうきんな表情と動きで演じる。

 200回目の記念公演は、今月上旬に同市那賀川町の有料老人ホーム「なかがわ苑」で行った。公演の最後には、入所者らもメンバーと同じ法被を着て、一緒に音頭や阿波踊りを踊った。入所者の数藤幸子さん(90)は「劇は面白いし踊りも明るくて楽しい。これからも来てほしい」と喜んでいた。

 吉岡さんは「グループの記念すべき10年目に、阿南市にアゴヒゲアザラシが2頭も現れた。これからも地域の高齢者を元気にしていきたい」と話している。