春日神社に設置された巨大絵馬=徳島市眉山町大滝山

 来年のえとにちなみ、サルの絵を描いた巨大な絵馬が25日、徳島市眉山町大滝山の春日神社にお目見えした。

 縦1・6メートル、横3・5メートルの木製で、奉納したのは陶芸家の金村亜佐子さん(43)=徳島市津田町3=と日本画家の坂東洋子さん(59)=同市国府町延命。パステルクレヨンを塗り重ね、3匹の愛くるしいサルを表現した。社殿の横に1年間展示される。

 見に来ていた椎野博文さん(71)=同市八百屋町3=は「かわいらしい絵があると境内が華やぐ。今度は孫を連れて来たい」と話した。

 金村さんと坂東さんは毎年同神社に巨大絵馬を奉納していて、今年で10年目。