徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)

 昨年秋から成人も含めて大流行したウィルス性胃腸炎の原因は大部分がノロウィルスです。ノロウィルスは乳幼児から成人まで広範囲に感染します。現在の食中毒の原因としては最も頻度の高いものです。

ノロウィルスの感染の仕方には二つの特徴があります。ウィルスに汚染された手指や食物を介して食中毒の形で伝播する場合と患者から出たウィルスが飛散してその飛沫を吸い込む形で飛沫感染または空気感染する場合です。その結果、家庭内や施設内で集団感染を引き起こすことが大きな問題になっています。

 ノロウィルスの潜伏期間は12~48時間で(平均1日)と極めて短く、ごく少量のウィルスでも感染が成立します。

 症状は悪心、嘔吐、下痢、発熱です。普通ロタウィルスのように下痢が白色であることは少なく、血便になることはありません。発熱も一時的で高熱が持続することは少ないものです。軽症では悪心だけで経過することもありますからノロウィルス感染症と気づかれずに終わることもあります。症状は数時間から1週間くらい続きます。下痢が回復しても2~3週間、便中へのウィルス排泄が見られることがあります。

 治療の基本は安静、経口補液、食事療法です。嘔吐や下痢が頻回で急速に脱水症が起こる危険性が強い時には絶食での輸液療法が必要になります。嘔吐があっても経口的に水分の補給が可能な場合には経口補液療法を行います。その後は野菜スープやりんご果汁、お粥、イモ、野菜、白身魚など消化の良いものを中心に食事療法を進めていきます。