徳島、小松島両市議選が19日に告示されるのを前に、両市選挙管理委員会は18日、立候補受け付け事務のリハーサルを各市役所で行った。

 徳島市選管は市役所13階の大会議室で、小井田啓爾委員長ら委員3人と市職員14人が参加して実施した。職員を立候補者に見立てて、届け出順のくじ引き、書類の受理、街頭演説用ののぼりや腕章などの受け渡しといった一連の手続きを、本番通りに行った。

 小松島市選管の佐藤功委員長ら委員4人と市職員16人は、市役所2階の市議会委員会室で、作業の流れや会場配置を確認した。

 19日の立候補受け付けは、徳島市が午前8時半~同9時は市役所13階の大会議室、午前9時~午後5時は9階の選管事務局で行う。小松島市は午前8時半~同10時は市役所2階の委員会室、午前10時~午後5時は3階の選管事務局で行う。