鳴門ー花咲徳栄 一回裏鳴門2死二塁、三浦が右前に先制打を放つ=甲子園

鳴門ー花咲徳栄 2回裏鳴門2死三塁、大下が左前に適時打を放つ=甲子園

 第100回全国高校野球選手権大会第4日は8日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、徳島県代表の鳴門は5-8で夏連覇を狙う花咲徳栄(北埼玉)に逆転で敗れ、2年ぶりの初戦突破はならなかった。

 鳴門は相手エースの立ち上がりを攻め、主導権を握った。一回、2死から宮崎龍司が左翼線二塁打で出塁し、4番三浦光翔主将の中前打で先制。続く浦和博も左前に運び、2点目を奪った。二回は1死二、三塁から塩唐松宏将の内野ゴロと大下竜輝の左前打で2点を加えた。

 先発の左腕西野知輝はテンポよく投げて

要所を絞め、七回まで2失点と踏ん張った。しかし、八回に3点を失い4-5と逆転されると、九回にも3点を追加された。

 徳島大会では4点のビハインドをはね返し2度のサヨナラ勝ちを収めた鳴門は九回、無死一、三塁のチャンスをつくったが反撃も1点止まりだった。