統一地方選後半戦の石井、神山、那賀、牟岐の4町長選と牟岐、北島、松茂、佐那河内の4町村議選、神山町議補選が21日告示される。石井、牟岐両町長選と牟岐、松茂、佐那河内の3町村議選は選挙戦が確実視されており、その他は無投票の公算が大きい。投開票日は26日。
 
 4町長選は、2011年の前回はいずれも選挙戦となった。今回、神山、那賀両町長選は現職しか立候補を表明しておらず、無投票となりそう。那賀町長選は町村合併した05年以降で初の無投票となる。石井、牟岐両町長選は現職と新人の元町議による一騎打ちとなる見通し。
 
 4町村議選のうち、牟岐、松茂両町議選は定数を1人上回る選挙戦になる見込み。広域ごみ処理施設建設計画の賛否が最大の争点となる佐那河内村議選は定数を4人超過する激戦になりそうだ。北島町議選は1959年以来56年ぶりの無投票が予想される。欠員1で行われる神山町議補選も無投票が濃厚となっている。
 
 各町村の選挙管理委員会は21日午前8時半から午後5時まで、役場などで立候補を受け付ける。
 
 2日時点の有権者数は▽石井町2万1751人▽神山町5367人▽那賀町8254人▽牟岐町4018人▽▽北島町1万8129人▽松茂町1万2399人▽佐那河内村2239人。