キョーエイ石井店に設けられた非常食特設コーナーで、サンプルの準備を進める福島さん(左)=石井町石井

 石井町で防災学習教室を開いているボランティアグループ「こどもプロジェクト1・2・3」が、災害時の非常食セットを共同購入する。グループのメンバーで石井中1年の福島翼さん(12)が、少しでも安く手軽に買えるようにして、地域の防災意識を高めようと企画した。20日まで購入希望者を募り、9月1日の「防災の日」に渡す。

 非常食セットは3種類で、キョーエイ石井店と大塚製薬の協力を得て購入する。
基本パックは、レトルトのおかゆや飲料水など15点で1000円。同パックに菓子など12点を追加したバラエティーパックが2000円。このほか、大塚製薬の栄養補助食品やゼリーなど7点のパックを1000円で販売する。

 いずれも共同購入することで、通常価格より1割ほど安く設定している。賞味期限は6カ月を目安に設定し、半年ごとに新たなセットを販売する。誰でも利用できる。

 非常食は、各家庭で備蓄が必要と認識されているものの、買うのが面倒だったり、期限が切れるのを嫌ったりして備えが進んでいない。そこで共同購入方式を導入し、継続可能な取り組みにしようと企画した。

 福島さんは「『備えあれば憂いなし』を実現するため、多くの人に活用してほしい」と呼び掛けている。

 申し込みは、キョーエイ石井店の非常食特設コーナーにある所定の用紙に記入して回収箱に入れるか、はがきに氏名、電話番号、希望のセットを書いて〒779―3299石井郵便局留め「こどもプロジェクト1・2・3」宛てに送る。20日必着。

 9月1日に同店で代金と引き替える。問い合わせはグループ代表の惠川さん<電090(9455)7112>。