任期満了に伴う勝浦町議選(定数10)が23日、告示される。出馬をうかがっていた新人1人が立候補を新たに表明。現職7人、元職1人、新人3人の計11人が出馬を予定しており、定数を1人上回る選挙戦に突入しそうだ。
 
 投票区別にみると、「石原、沼江、掛谷、山西地区」(有権者733人)が新人2人。「中角、生名地区」(同961人)が現職2人。「今山、黒岩、星谷地区」(同692人)も現職2人。「久国、棚野、立川地区」(同823人)は現職1人、元職1人。「中山、横瀬地区」(同913人)は現職2人。坂本地区(同451人)で新人1人。与川内地区(同287人)は立候補予定者がいない。
 
 党派別では共産が2人、他は無所属。今期限りで引退する現職は3人。
 
 目立った争点はなく、立候補予定者の多くは地縁、血縁を頼りに支持固めを図っている。また、立候補予定者が不在の与川内地区へのあいさつ回りも精力的に行っている。
 
 立候補の届け出は23日午前8時半~午後5時に町役場で行われる。投開票は28日。2日時点の有権者数は4860人(男2304人、女2556人)。