50周年記念ライブで熱唱する水木一郎

 アニソン歌手の水木一郎(70)が10日、都内で『ANIME JAPAN FES 2018“夏の陣”水木一郎デビュー50周年特別公演~原点オンパレードだゼーット!~』を開催。アニソン歌手35人がサプライズで集合し、特別ソングをプレゼントすると水木は「泣きそうになったよ…」と目を潤ませた。

【写真】出演者全員でZポーズを披露した水木一郎

 水木は1968年7月にカンツォーネ歌謡「君に捧げる僕の歌」でデビュー。その後、多くのアニメ、特撮の主題歌などで活躍してきた。「マジンガーメドレー」歌唱前には、水木を一躍アニソン界のトップスターに押し上げた『マジンガーZ』(1972~74年)への感謝を語った。同作は巨大ロボットが登場するアニメをジャンルとして確立させたことでも知られる。水木は「(『マジンガーZ』放送から)47年ですか。みなさんと、きょう、お会いできるのも全部ホントに『マジンガー』に出合えたから」としみじみ。

 続けて「当時はコーラスグループとか少年少女合唱団がアニソンをよく歌っていた。でも、ソロの歌手を育てたいということで、たまたま僕に白羽の矢が立った。感謝しています」と惜しみない謝意を示した。メドレーの最初に歌った「マジンガーZ」では集まったファンと共に「パイルダーオン!」や「ゼーット!」の大合唱。会場が一体となっていた。

 特撮ヒーロー『バロム・1』の主題歌「ぼくらのバロム1」を歌う際にも、エピソードを披露。「海野という新聞記者の役でレギュラーだった。でも、演技がヘタだったんでしょうね。2話目でいなくなりました…。ドルゲに後ろからポコって…」と回想、笑わせた。幻のデビュー曲「くちづけ」も熱唱。「これがヒットしてたらアニソンはなかったかもしれない。僕は『君に捧げる僕の歌』を選んで、それでアニソンに出合えて今がある。僕は『君に捧げる僕の歌』を選んでよかった」と振り返っていた。

 ウルトラソングを歌うボーカルユニット・voyager(ボイジャー)も参加。水木とはアニソン登山部で一緒だそう。瀬下千晶は「美味しい空気を一緒に吸い込みながら、その後はお肉に連れて行っていただいています」とにっこり。TAKERUが「食べさせられ過ぎてちょっと肥えてしまった」と話すと、瀬下は「見ないで~」とかわいく顔を隠していた。水木は「かわいい後輩に出会えて、すげぇよかった」とうれしそうに口にした。

 また、この日のライブに参加した影山ヒロノブ、堀江美都子だけでなく、串田アキラ、森口博子らアニソン歌手35人がサプライズで登場。コーラス、MCを含め41人で水木一郎50周年お祝いソング「ハピネス」(作詞:堀江美都子、遠藤正明 作曲:影山ヒロノブ)をプレゼント。「アニキ~」と次々と入場し、ステージがアニソン歌手ですし詰め状態に。森口から花束を手渡されると水木は「きょうは来れないって言ったろ!」と驚きの表情。森口は「来てって言われたけど、私も気配を消してました」といたずらっぽく笑った。

 同曲は水木に50周年の祝いの品として贈られるという。その前に一夜だけの特別ソングとして豪華なメンバーで盛大に歌唱され、水木は「泣きそうになったよ…」と涙をこらえる一幕も。堀江によると、参加希望者はもっといたというが、ステージの広さの関係でメンバーを絞ったそう。水木は「きょうは最高! 50年で1番いい日だよ」と感激の表情だった。

 アンコールのラストはもちろん「マジンガーZ/INFINITYバージョン」。再びステージに登ったアニソン歌手たちに見守られながら水木は万感の思いで熱唱した。そして慶事の締めである“Z三本締め”。最後は「もうマイクいらね~よ!」と手放すと地声で「本当にありがとうございました。ゼーット!」と感謝の言葉を添えて、50周年特別公演の幕を下ろした。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。