鳴門渦潮対城東 後半7分、鳴門渦潮の西野(左)がシュートを決め、2-0とする=鳴門球技場

 サッカーの2014年度徳島県高校女子新人大会最終日は14日、鳴門球技場で決勝を行い、鳴門渦潮が4-0で城東を下し、3年連続3度目の優勝を果たした。

 鳴門渦潮4-0城東

 [評]運動量で上回った鳴門渦潮が後半に4得点を挙げた。6分、コーナーキックから玉谷が頭で合わせて先制。その後も相手陣内でプレスを掛けて主導権を握り、西野、竹田、髙原が追加した。城東は前半に瀬尾や松本を中心に攻め込んだが、後半は防戦を強いられた。