紅白戦で好投した山藤=蛇王球場

 徳島インディゴソックス(IS)は春季キャンプ2日目の3日、海陽町の蛇王球場で6イニングの紅白戦を行い、投打とも順調な仕上がりを見せた。

 6投手が2イニングずつを投げ、白軍2番手で登板した2年目の左腕山藤が2回を完璧に抑えた。宍戸とドラフト6位の石澤も無失点で切り抜けた。池田高出身で白軍先発の大藤は、4安打2失点と制球に課題を残した。

 打線は細川が左越え2点本塁打を放った。阿南市出身の高島をはじめ、主将の井生や鷲谷、健太郎も2安打と好調ぶりをアピールした。新人5人に安打は出なかった。

 中島監督は「実戦を重ねながら新人の特長を引き出したい」と話し「開幕メンバーに残れるかどうかの境目。もっと練習してオープン戦に備えてほしい」と注文を付けた。

 5日に新人を中心にした紅白戦を行い、8日正午から蛇王球場で香川と今季初のオープン戦を行う。