3回無失点と好投した徳島の大藤=海陽町の蛇王球場

 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックス(IS)は8日、海陽町の蛇王球場で香川と今季初のオープン戦を行い、0-4で完封負けした。投手陣が失点を重ね、打線も散発3安打に終わった。

 徳島の先発大藤は3回無失点とゲームを作ったが、2番手の左腕宍戸が長短2安打で先制を許すと、継投した浅田、新人の石澤も痛打を浴びた。打線は2点を追う六回に橋本球の右前打などで1死一、二塁の好機を築いたが、後続が倒れた。