徳島インディゴソックスは14日、香川県の四国コカ・コーラスタジアム丸亀で香川と今季2戦目となるオープン戦を行い、5-5で引き分けた。

 徳島は1点を追う七回、無死一塁から橋本球、鷲谷の連続三塁打で逆転。八回には2死一、二塁から橋本球の中前打で1点を追加した。しかし、その裏から登板した卯名根口が3安打2失点し、リードを守れなかった。