健闘を誓い合う(左から)今治西・中内、徳島商・原田、城北・松本、高知中央・伊沢の各主将=松山市の坊っちゃんスタジアム

 第68回春季四国地区高校野球大会の組み合わせ抽選会が1日、試合会場となる松山市の坊っちゃんスタジアムで開かれ、出場8校の対戦相手が決まった≪別表≫。大会は2日に開幕し、1回戦4試合が行われる。

 徳島県勢は、6年ぶり25度目の出場となる徳島商(徳島1位)が11時開始予定の第2試合で今治西(愛媛2位)と対戦。初出場の城北(徳島2位)は13時30分からの第3試合で高知中央(高知1位)と戦う。

 その他の組み合わせは明徳義塾(高知2位)-英明(香川1位)、丸亀城西(香川2位)-新田(愛媛1位)。抽選後に新田の乘松幹太主将が選手宣誓し、各校主将が握手を交わして健闘を誓い合った。

 大会第2日の3日は準決勝2試合、最終日の4日は午前10時から決勝を行う。