山下敏和選手

 ライフル射撃のワールドカップ(W杯)が18日、米ジョージア州フォートベニングで行われ、徳島県出身の山下敏和選手(38)=自衛隊、小松島高-中大出=が男子ライフル3姿勢で6位に入り、来年のリオデジャネイロ五輪出場が内定した。県関係者の内定は初めて。正式決定すれば山下選手は2008年の北京大会に続き、2度目の五輪出場となる。

 今回のW杯で同種目に関しては、上位2人に国別の出場枠が与えられることになっていた。決勝に進んだ8人のうち、他国の5人が既に出場枠を獲得するなどしているため、山下選手が日本の出場枠を手にした。

 日本ライフル射撃協会は、基本的に出場枠を獲得した選手を派遣する方針で、山下選手の出場が内定した。11月のアジア選手権後、リオ五輪代表を正式決定する。

 ライフル射撃では、山下選手のほか、西谷徳行選手(県警)ら3人の県人選手がこれまでに五輪に出場している。

 リオ五輪のライフル射撃で日本が出場枠を獲得したのは初めて。日本はこのほか、セーリングと陸上で出場枠を獲得している。