大島賢三・元国連大使(左)と握手するミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=15日、ネピドー(共同)

 【ネピドー共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害を調査する大島賢三・元国連大使ら独立委員会メンバーが15日、首都ネピドーで、7月末の委員会設置後に初めてアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談した。ミャンマー外務省の発表によると、会談では今後の作業計画や委員会を支援する事務局の構成などを議論した。

 スー・チー氏は大島氏に笑顔を見せ、握手を交わした。会談は非公開で1時間ほど行われた。

 会談したのは、大島氏のほか、議長のフィリピンのロサリオ・マナロ元外務副大臣とミャンマー人の元憲法裁判所長官、国連児童基金(ユニセフ)元職員。