始球式で投げる板東英二さん=16日、甲子園球場

 16日に甲子園球場で行われた第100回全国高校野球選手権大会で、1958年(第40回大会)に大会最多記録の83三振を奪った徳島商の板東英二さん(78)が始球式を務めた。力を込めた投球はワンバウンドになり、かつての名投手は「自分ではもうちょっと…。やっぱり年かな」と残念がった。

 60年前のちょうどこの日、準々決勝で魚津(富山)の村椿輝雄と投げ合い、延長十八回0-0で引き分けた。翌日の再試合でも完投し勝利。板東さんは「阿波踊りの時期で、スタンドも応援に来ているのか、踊りに来ているのか分からなかった」と懐かしんだ。徳島商は決勝で敗れたものの、板東さんの大会通算83三振は今も破られていない。

 今大会で適用されたタイブレークについては「暑さなど自然界も変わっている。いいことではなかろうか」と歓迎した。