16日、湿った空気や前線の影響で激しく雨が降った。河川は増水し濁りが入りサオが出せる状況ではなく、岸壁や波止でも釣り人は少なかった。荒れ後の潮入り川や波止でチヌやアジに期待したい。

 [イカダ]<ウチノ海>16日、カカリ釣りでサナギとネリ餌をローテーションし、26~43センチのチヌ15匹と28センチのキビレ1匹。別のヤカタでは2人がカカリ釣りとサビキ釣りを併用して26・5~33センチのチヌ4匹と26センチのキビレ、46センチのヒラメを各1匹、13~15センチのアジ500匹余り。15日は風が強く釣りづらかった。カカリ釣りでサナギとネリ餌を使い分け20~40センチのチヌ46匹。別のヤカタでは2人が20~30センチのチヌ33匹と26センチ前後のキビレ2匹。別の2人もサナギとシラサエビを餌に20~35センチのチヌ24匹。中央寄りのヤカタでは沖アミとネリ餌をローテーションし、47センチのチヌと39センチのキビレを各1匹。

 [波止]<小松島港>15日、早朝の1時間、ジグヘッドリグに青色と黄色のアジ用ワームを使い分け、10~15センチのアジと20センチ前後のサバを各3匹。雨が強くなったのでサオを納めた。

 <香川・相生漁港>16日、沖の離岸堤でモナリザ釣親睦会の人が道糸PE0・8号にハリス1・5号、チヌバリ3号、00号とマイナスG5のウキを使い分け35~48センチのチヌ7匹。餌取りのサバとグレが多く、30~40メートル遠投し、口ナマリを付けて餌取りの層を速く通過した。サバがいなくなると00号のウキに変えて、口ナマリを外し、ゆっくりサシ餌を落とすとアタリがあった。12時にサオを納めた。

 [潮入り川]<今切川>16日、12時から3時間、モナリザ釣親睦会の人が、沖アミを餌に1号のウキにハリス1・2号、ウキ下サオ1本半前後で51、52センチのチヌ2匹。餌取りのボラが多かった。別の人は15時から2時間、3Bの大型ウキにハリス1・2号、チヌバリ2号、ウキ下2~3ヒロで沖アミとネリ餌をローテーションし30、35センチのキビレ2匹。潮が上滑りしていたので、ハリスにジンタンを多く打ち、早くなじませるとアタリがあった。

 <日和佐川>16日、15時から3時間、阿南市の井口賢さんら3人が沖アミを餌にハリス1号、チヌバリ2号のフカセ仕掛けで、20~25センチのチヌ4匹と25~28センチのアイゴ5匹、60~70センチのボラ7匹。ウキ下3ヒロ半~4ヒロ半でアタリがあった。

 [船釣り]<香川・引田沖>16日、雨が降ったが穏やかだった。釣った魚を餌に、オモリ30号を使い水深30~35メートルで100センチ前後のブリ2匹と60~70センチのハマチ4匹、90センチのスズキ1匹。(県釣連盟報道部)