徳島インディゴソックスは6日、高知球場で高知と対戦し、4-5で競り負けた。後期開幕から続いてきた連勝は3で止まり、通算成績は3勝1敗。勝率で愛媛と並び、首位タイとなった。

 徳島は一回、四死球と平間の左中間二塁打で2死満塁とし、橋本球が押し出しの四球を選んで1点を先制。ところが、その裏、先発浅田が満塁本塁打を浴びて逆転を許した。その後は4投手をつぎ込んで追加失点を1に抑え、打線は六回に1点、九回には2点を挙げて1点差に迫る粘りを見せたが、及ばなかった。