助成金流用など不正疑惑を抱える日本ボクシング連盟は20日、日本オリンピック委員会(JOC)と日本スポーツ協会から要請された真相究明のための第三者委員会の設置を発表した。元日弁連会長の梶谷剛氏ら4人でで。9月28日までに調査結果と今後の組織運営について文書での報告が求められている。

 ともに弁護士の板橋喜彦氏、若林直子氏と、元警視庁刑事の大場良明氏が名を連ねた。

 この問題では都道府県連盟幹部や元選手らの有志でつくる「日本ボクシングを再興する会」が、日本連盟の不透明な財政運営など計12項目の不正を指摘する告発状をJOCや日本スポ協、スポーツ庁などに提出した。