入場1万人目となった芽依さん(中央)と実緒ちゃん(右から2人目)=徳島市の県立博物館

 徳島市の県立博物館で開かれている企画展「ジャングルいきもの図鑑」(同館主催)の来場者が19日、累計1万人を突破した。

 1万人目となったのは、同市南佐古三番町の井上芽依さん(7)=佐古小1年=と実緒ちゃん(5)姉妹。遠藤佳孝館長から記念品を手渡され、両親と記念撮影した。2人は「普段は見られない生き物がたくさんいて面白い」と話した。

 企画展は7月20日に始まり、世界四大珍獣の一つ「コビトカバ」や希少な「フィリピンワシ」をはじめ、熱帯雨林の珍しい動植物のはく製や標本を展示している。9月9日までで有料(4~7日以外は高校生以下無料、月曜休館)。