徳島対高知 5回裏、徳島2死二塁、宮下の左前打で先制する=アグリあなんスタジアム

 徳島インディゴソックスは19日、アグリあなんスタジアムで高知と対戦し、1-4で逆転負けした。通算成績は7勝5敗となり、雨で試合が中止となった首位愛媛とのゲーム差は1・5に広がった。

 [評]徳島は五回、2死から井生の右中間二塁打と宮下の左前打で1点を先制。しかし、九回、先発ブランセマが2安打と四球で1死満塁のピンチをつくり、続く打者の右前打で追い付かれた。なお、2死満塁から連続適時打で3点を失い、逆転を許した。