少年の部2回戦・藍住南対見能林FC 後半、ゴールを目指して攻め込む藍住南の藤島涼介主将(左から2人目)=徳島市球技場

 第42回徳島県サッカー少年団大会(県サッカー協会、徳島新聞社、四国放送、県スポーツ少年団主催)第2日は23日、徳島市球技場で少年の部1、2回戦32試合が行われた。板野、エボルシオンSC(徳島市)などが2桁得点で快勝。5試合がPK戦にもつれ込んだ。選手たちは厳しい残暑をものともせず、闘志あふれるプレーで観客席を沸かせた。第3日の25日は、午前10時から少年の部2、3回戦22試合がある。