徳島対香川 7回2死満塁、代打の寺田が走者一掃の三塁打を放ち、3-0とする=アグリあなんスタジアム

 徳島インディゴソックスは30日、アグリあなんスタジアムで香川と対戦し、3-1で競り勝った。通算成績は12勝8敗2分けとなり、香川と入れ替わり2位に浮上した。首位愛媛が1-0で高知に勝ったため、徳島とのゲーム差は1のまま変わらない。

 [評]徳島が七回に挙げた先制の3点を継投で守り切った。井生の死球を足場に、谷の中前打と宮下の四球などで2死満塁とし、代打寺田が走者一掃の中越え三塁打を放った。先発の宍戸は八回途中まで投げ、4安打1失点で2勝目。救援した橋本隼は4セーブ目を挙げた。