練習に励む日本代表の川澄(中央)、大野(左端)らINAC神戸の選手たち=神戸レディースフットボールセンター

 女子サッカーのプレナスなでしこリーグ1部・レギュラーシリーズ第15節のINAC神戸レオネッサ対日テレ・ベレーザ戦(日本女子サッカーリーグなど主催、徳島新聞社など共催)が、13日午後2時から鳴門ポカリスエットスタジアムで行われる。徳島県内でのリーグ公式戦の開催は初めて。全18節の同シリーズは終盤を迎え、INAC神戸は現在首位で日テレは2位。勝ち点差はわずかに4と競り合っており、白熱した首位攻防戦が繰り広げられる。両チームには6月の女子ワールドカップ(W杯)で準優勝した日本代表メンバーが合わせて10人在籍しており、ハイレベルなプレーがスタンドを沸かせそうだ。