今季ホーム最終戦で4打点と活躍した徳島のトモ(中央)。1回には3点本塁打を放ち仲間に迎えられた=鳴門オロナミンC球場

 徳島インディゴソックスは10日、鳴門オロナミンC球場で香川と今季ホーム最終戦を戦い、5-4で競り勝った。通算成績は14勝12敗3分け。首位愛媛は試合がなく、マジック3は変わらない。最短で11日に愛媛の後期優勝が決まる。

 [評]終盤に勝ち越した徳島が逃げ切った。3-4の三回、1死三塁から橋本球の右前適時打で追い付くと、七回には2死から橋本球の四球と松嶋の中前打で一、三塁とし、トモの中前適時打で勝ち越した。先発吉田は7回を投げて6安打4失点と粘りの投球を見せ、5勝目を挙げた。