原勇輝選手

 第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」第5日の30日、和歌山市の片男波公園健康館で行われた重量挙げの少年男子77キロ級で、徳島県の原勇輝選手(18)=徳島科技高3年=がジャークで日本高校新記録となる163キロを成功させたほか、スナッチで122キロを挙げ、2種目で優勝した。今大会の県勢の優勝は3人目。

 19人が出場。原選手は両種目とも1回目の試技で2位以下を大きく引き離して優勝を決め、2回目の試技で記録を伸ばした。ジャークは自身が6月の四国高校選手権でマークした日本高校記録を1キロ上回った。国体の得点には加算されないトータルでも285キロで1位となった。
 
 県勢の77キロ級での国体優勝はスナッチ、ジャークとも初めて。