[上]成年男子3回戦・徳島対福岡 大将戦を制し5位入賞を決めた徳島の福多(右)=那智勝浦町体育文化会館[下]成年女子1万メートル競歩で4位に入賞した渕瀬<37>(右端)=和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場

 第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」第10日は5日、和歌山県などで行われた。徳島県勢は2競技に出場し、剣道成年男子の徳島が5位入賞した。成年男子の入賞は、1993年の東四国国体での1部3位、2部優勝以来22年ぶり。また、陸上の成年女子1万メートル競歩で渕瀬真寿美(大塚製薬)が4位に入った。開催地の和歌山は、最終日の6日を残して44年ぶり2度目の男女総合優勝(天皇杯獲得)を決めた。東京の3年連続20度目の女子総合優勝(皇后杯獲得)も確定した。天皇杯と皇后杯を別々の都道府県が獲得するのは2年連続となった。