第33回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権PRGR CUP(徳島新聞社など全国新聞社事業協議会主催)は21日、佐賀市の北山CC(7066ヤード、パー72)で都道府県代表48チーム(佐賀は2チーム)が参加して開幕した。1チーム3人の合計スコアで争う団体戦で、徳島は234(植本健介76、小野寺秀樹78、春藤正80)の13位発進となった。6年ぶり3度目の優勝を狙う香川が222で首位に立った。

 球足の速いグリーンの攻略に苦しむ選手が多く、アンダーパーは2人だけ。徳島県勢の個人は、4オーバーの76で回った植本がチームトップの24位タイ。小野寺は48位タイ、春藤は71位タイだった。谷本伊知郎(香川)が2アンダーの70で単独首位に立った。

 大会は22日までの2日間、36ホールのストロークプレーで争う。

 ◇特別協賛=横浜ゴム▽協賛=あいおいニッセイ同和損害保険