巨人の益田(左)、渡辺(右)両スカウトと握手を交わす増田=徳島市のとくぎんトモニプラザ

 プロ野球ドラフト会議で巨人から育成1位指名された四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス(IS)の増田大輝内野手(22)=徳島市渋野町出身=が29日、徳島市のとくぎんトモニプラザで球団からあいさつを受けた。増田は「一日も早く支配下登録され、徳島のファンに頑張っている姿を見てもらいたい」と抱負を述べた。

 訪れたのは大阪駐在の巨人スカウト部の益田明典主任と渡辺政仁スカウト。渡辺スカウトが「脚力と守備は間違いない。体を大きくし、打撃技術を磨けばチャンスは十分ある」と激励。徳島の試合を10試合ほど視察し、足の速さだけでなく走塁のセンスや肩の強さなどが指名の決め手となったことを明かした。

 巨人は、選手の試合への出場機会を増やすことなどを理由に、来季から3軍制を採用する。増田は「入団までに筋力をアップさせ、プロの投手に打ち負けないスイングスピードを身に付ける。持ち味である走塁や守備もどんどんアピールしていきたい」と意気込んだ。11月中旬に仮契約を結ぶ予定。