第95回全国高校ラグビー大会(27日~来年1月11日・花園)の3回戦までの組み合わせ抽選会が5日、大阪市内であり、徳島県代表のつるぎは1回戦で、2年ぶり10度目出場の若狭(福井)と対戦することが決まった。つるぎは現校名では初の全国切符を手にし、貞光工・美馬商工時代を含めると3年ぶり24度目の出場。試合は大会第2日の28日午後0時半から行われる。

 大会には55校が出場。2連覇を目指すシード校の東福岡は萩商工(山口)-黒沢尻工(岩手)の勝者と2回戦で対戦することが決まった。

 今春の選抜大会を制した東海大仰星(大阪第1)や桐蔭学園(神奈川)などシード9校はいずれも30日の2回戦から登場する。学校再編のため現校名として臨むのは最後になる伏見工(京都)は1回戦で初出場の郡山北工(福島)とぶつかる。

 選手宣誓は茗渓学園(茨城)の高橋良典主将が行う。