岩浅市長から市旗を受け取る阿南市チームの森監督(右端)=阿南市富岡町の市商工業振興センター

 第62回徳島駅伝(徳島陸協、徳島県、徳島新聞社主催)に出場する阿南市選手団の結団式が19日、富岡町の市商工業振興センターで行われた。

 選手、役員ら約60人が出席。団長の岩浅嘉仁市長が「阿南市にとって合併10周年の記念の年。強い心を持ち、緊張しすぎることなくレースに臨んでもらいたい」と激励し、森泰英監督に市旗、山﨑優希主将にユニホームを手渡した。森監督は「前回より一つでも二つでも順位アップすることが目標。感動を与え、記憶に残る走りをしたい」と力強く決意を述べた。チームは今後、強化練習会を開き、本番に備える。