徳島対大分 移籍後初先発し、アシストを記録した表原(右)=大銀ドーム

降版43分、値千金の決勝点を挙げた小西(中央)=大銀ドーム

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは25日、大分市の大分銀行ドームで大分トリニータと対戦し、1-0で勝った。通算成績は13勝5分け12敗で勝ち点を44に伸ばした。

 岡山戦から中2日のアウェー連戦の厳しい日程で、大分に主導権を握られ、苦しい試合展開だったが、GK梶川裕嗣が好セーブを何度も見せるなど、耐えて大分の攻撃をはね返した。

 J1湘南から育成型期限付き移籍で加入し、初先発した表原玄太=阿南市出身=が後半38分、MF小西雄大=阿波市出身=へパスを送ると、小西がゴール正面から左足で決勝点を奪い、逃げ切った。

 徳島は次節、9月1日午後6時からアウェーでカマタマーレ讃岐と対戦する。

◇明治安田J2第30節  大分銀行ドーム  観衆8738人

徳島 1-0 大分
   0-0
   1-0

【得点者】徳島=小西雄大(後半38分)